造血幹細胞移植

 近年は,幹細胞源として非血縁者間骨髄移植と臍帯血移植が多く,高齢者はハイリスク例に対する RIST,HLA不一致移植(ハプロ移植)も増加しています。まさに多様化の時代の真っ只中といえるでしょう。移植数は大学附属病院系では常に上位です。 これまで同種250例以上,自己160例以上の移植を行ってきました。


移植をうけた後の幸せ!の研究にもチャレンジしています!

 造血細胞移植後の不妊対策として妊孕性温存の問題にも2004年からとりくんでいます。わが国唯一の卵巣組織凍結保存の研究をすすめている保健学科中塚幹也教授とのコンビもバッチリです。


岡山大学で移植のすべてに挑戦してみませんか!!

 これらすべての項目の治療、さらに研究が実際に行われています!

コメントは受け付けていません。