> 女性医師のキャリア支援

女性医師のキャリア支援

岡山大学においては学生数の約3~4割,一部の他大学では5割が女子学生であり,21世紀は女性医師の活躍が期待されています。第二内科教室は女性医師の様々なライフスタイルに対応できるような勤務環境の構築に努めており,女性医師が働きやすい病院を重視しています。 当教室では,臨床および研究のいずれにおいても個人の希望する専攻分野を第一に考慮しており,女性医師もそれぞれの分野で活躍しています。最近は大学院で研究をおこなう女性医師が年々増加し海外留学する方もおり(現在2名が留学中),活躍の舞台が国内から世界へと広がっています。第二内科教室は女性医師のキャリアを様々な形で応援,支援します。

 


結婚後の配偶者の転勤
勤務地や勤務形態を配慮します。女性医師が医師という職業を家庭と両立しながら安心して継続し,またキャリアが途切れることのないように応援します。

 


出産,育児休暇からの復職
復職の際,希望があれば元の職場への復職を支援します。乳児の子育てをしながら働くために,勤務形態の変更を希望されることが多いですが,勤務形態の変更以外に,フィットする病院への勤務地変更の提案も致します。第二内科教室は,歴史が古く非常に多くの関連病院を有しています。そのため非常勤医師として時短勤務,あるいは人間ドックでの健診医として働くなど様々な働き方を提案できます。基幹病院への常勤復帰したいかたは,少しずつ段階的に復帰できるように支援します。ぜひ遠慮なくお気軽にご相談下さい。

 

育児休暇からの復職の例(福山医療センター)
 私は娘が8カ月になった時,産休明けで仕事に復帰しました。基幹病院での勤務が希望であったためその旨を相談し,勤務形態などを考慮していただきまし た。娘は院内の保育園に預け,平日週4回日中のみの勤務をさせていただいています。主に病棟業務に携わり,週1回の禁煙外来と外来化学療法室当番をしてい ます。呼吸器科をはじめ他科の先生方やコメディカルの方々にはいつもご協力いただいており感謝しています。これからも自分なりに子育てと仕事のバランスをとりながら頑張っていきたいと思います。

 


12人の女性医師日本呼吸器学会が配信している動画です。
「活躍する女性医師」12人の先生方のうち,下記の3人の同門の先生が出演されています。
KKR高松病院 荒川裕桂子 先生
山口赤十字病院 國近尚美 先生
岡山大学病院(現PMDA) 加藤有加 先生