女性医師への対応について

 岡山大学においては学生数の約3割,一部の他大学では5割が女子学生であり,21世紀は女性医師の活躍が期待されています。当科は女性医師の様々なライフスタイルに対応できるような勤務環境の構築に努力しており,女性医師が働きやすい病院を重視しています。 当科では,臨床および研究のいずれにおいても個人の希望する専攻分野を第一に考慮しており,女性医師もそれぞれの分野で最先端の役割を担っています。と くに最近は大学院で研究をおこなう女性医師が年々増加していますが,女性医師の単身での海外留学が今ブームになっており,女性も活躍の舞台が国内から世界 へと広がっています(現在3名が留学中)。一方,現実には個人の要望や女性のライフサイクルにマッチした異動も必要であり,この場合可能な限り関連病院へ の働きかけを行い,希望に添った職場環境の整備を各病院にお願いしています。


結婚後の配偶者の転勤
 勤務地や勤務形態を可能な限り配慮します。この場合,女性医師が医師というすばらしい職業としてのキャリアを続けられることを重視しており,安心して仕事が継続できるように対応し,医局全体で応援します。


出産,育児休暇からの復職
 休職の場合,希望があれば元の病院への復職あるいは育児のためそれが不可能な場合は関連病院への転勤を考慮します。また,家庭の事情な どでフルタイムの勤務が困難な場合には,非常勤や人間ドックのような仕事が多数あり(1-2カ所の医療機関に週に計2-3日勤務など・・・),また少しず つ復帰したいなどの様々な要望にも応えられるよう,支援体制を充実させています。これらのきめ細やかな対応は非常に多くの関連病院を有している当科だから こそ可能なのです。ぜひ遠慮なくご相談下さい。もちろん基幹病院への常勤復帰も大歓迎です。

育児休暇からの復職の例(福山医療センター)
 私は娘が8カ月になった時,産休明けで仕事に復帰しました。基幹病院での勤務が希望であったためその旨を相談し,勤務形態などを考慮していただきまし た。娘は院内の保育園に預け,平日週4回日中のみの勤務をさせていただいています。主に病棟業務に携わり,週1回の禁煙外来と外来化学療法室当番をしてい ます。呼吸器科をはじめ他科の先生方やコメディカルの方々にはいつもご協力いただいており感謝しています。これからも自分なりに子育てと仕事のバランスを とりながら頑張っていきたいと思います。


12人の女性医師

コメントは受け付けていません。