> > 歴史と概要

歴史と概要

 岡山大学医学部は,明治3年(1870年)の岡山藩による医学館設置が起源です。その後,第三高等学校医学部の時代を経て,明治36年(1901年),第三高等学校から分離して岡山医学専門学校として独立,斉藤精一郎教授が就任しました。斉藤精一郎教授は,大正2年(1913年)11月,第一内科・第二内科新設に伴い,第二内科の初代教授に移行しています。第4代平木潔教授の時には,池田厚子様を主治医として担当した大藤眞助教授が,昭和42年(1967年)に第三内科の初代教授に移行しました。第二内科は,岡山大学大学院医歯学総合研究科病態制御科学専攻・病態機構学講座・腫瘍制御学講座と名称を変え,2013年には100周年を迎えました。前田嘉信教授が現在第8代目で,これまでに岡山医科大学,岡山大学医学部第二内科に入局した同門の医師数は1,700余名,関連病院は約90,現在活躍中の医師数は約1,100名にも及ぶ,わが国でも有数の歴史と豊富な人材を有する総合内科学教室です。
 大学院大学の専攻分野としては,血液病学・臨床腫瘍学・呼吸器病学・アレルギー学(Hematology, Oncology, Allergy and Respiratory Medicine)を担当していますが,関連病院ではこれまで循環器,消化器,糖尿病を含む内科臨床すべての分野の専門家が育成され,それぞれ各分野で活躍しています。卒後研修については,多くの関連病院に内科各専門分野の多数の指導医を擁し,入局者の多様な要望に応えることが可能です。大学病院および関連病院では内科学会認定医取得を前提としての内科研修,さらに内科認定医取得後も各分野の専門医,指導医をめざして内科医としての研鑽を積むことができます。 当科は日本の医学を牽引してきた有数の内科学教室として,これまで数多くの若い臨床医,研究者を育ててきましたが,引き続き岡山から世界に向けて最新の医療情報を発信するため,今後も意欲のある臨床医,研究者を育成する環境をさらに整備していきます。



岡山大学医学部第二内科の歴史