> > > 【スタッフ紹介】藤井 敬子

【スタッフ紹介】藤井 敬子

【卒業年】1995年(平成7年)

【学位取得年月】 2003年(平成15年)3月

【専門領域】 血液内科学,輸血学,造血細胞移植,末梢血幹細胞採取

【資格】認定内科医(日本内科学会),血液専門医(日本血液学会),輸血細胞治療認定医・管理師(日本輸血細胞治療学会),造血細胞移植認定医(日本造血細胞移植学会)

【所属学会】日本内科学会,日本血液学会,日本輸血細胞治療学会,日本造血細胞移植学会,日本臨床検査医学会

【略歴】
昭和63年3月  岡山県立岡山芳泉高等学校卒業
平成元年4月  浜松医科大学入学
平成7年3月  浜松医科大学卒業
平成7年4月  岡山大学医学部附属病院研修医
平成7年6月  香川労災病院研修医
平成8年6月  岡山大学医学部附属病院研修医
平成9年6月  高知県立中央病院内科
平成10年4月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程入学
平成13年4月  岡山市立市民病院内科
平成15年3月  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程修了
平成18年6月  岡山市立市民病院退職
平成21年11月  岡山大学病院輸血部医員
平成26年4月  岡山大学病院検査部助教

【一言】ドナー様・患者様がリラックスして処置を受けれるよう、笑顔で接することを心がけています。

【研究テーマ】
末梢血幹細胞採取時の健常人ドナーにおけるクエン酸中毒発現、電解質異常
骨髄移植時の骨髄濃縮
顆粒球採取・輸注

【主な業績】
Fujii K, Ishimaru F, Kozuka T, Matsuo K, Nakase K, Kataoka I, Tabayashi T, Shinagawa K, Ikeda K, Harada M, Tanimoto M.: Elevation of serum hepatocyte growth factor during granulocyte colony-stimulating factor-induced peripheral blood stem cell mobilaization. Br J Haematol. 2004 Jan;124(2):190-194.

Fujii K, Ishimaru F, Nakase K, Tabayashi T, Kozuka T, Naoki K, Miyahara M, Toki H, Kitajima K, Harada M, Tanimoto M.: Over-expression of short isoforms of Helios in patients with adult-T cell leukemia/ lymphoma. Br J Haematol. 2003 Mar;120(6):986-989.

Fujii K, Aoyama M, Shinagawa K, Matsuo K, Takenaka K, Ikeda K, Kojima K, Ishimaru F, Kiura K, Ueoka H, Niiya K, Tanimoto M, Harada M.: Risk of neutropenic fever and early infectious complications after autologous peripheral blood stem cell transplantation for malignant diseases. Int J Hematol. 2002 Aug;76(2):186-189.

藤井敬子, 藤井伸治, 淺田 騰, 西森久和,狩山由貴,池田亮,浅野尚美,小郷博昭,岩月啓氏  新しい全自動型血液成分分離装置Spectra Optiaを用いた末梢血幹細胞採取-COBE Spectraと比較して- 日本輸血細胞治療学会誌. 59巻6号 p.799-804 2013年

戻る